コーポレート・ガバナンスの概要

コーポレート・ガバナンスの概要

2016年7月1日現在

組織形態 監査役会設置会社
取締役会議長 櫻田 謙悟
取締役人数 13名、うち4名が社外取締役
監査役人数 5名、うち3名が社外監査役
取締役会開催状況 開催回数 15回
出席率 取締役97.7%・監査役95.0%

  • 社外役員合同の事前説明会を開催し、取締役会と一体的に運営するなど、取締役会運営の実効性確保を図っています。
  • 取締役および取締役会については、コーポレート・ガバナンス方針の3. に記載しています。
(2015年度実績)
監査役会開催状況 開催回数 13回
出席率 100%

  • 監査役および監査役会については、コーポレート・ガバナンス方針の4. に記載しています。
(2015年度実績)
指名委員会・報酬委員会に相当する任意の委員会 指名・報酬委員会

  • 全委員は5名(社外取締役4名、社内取締役1名)で構成し、委員長(議長)は社外取締役です。
  • 指名・報酬委員会については、コーポレート・ガバナンス方針の5. に記載しています。
取締役・監査役の選任 取締役会の諮問機関である指名・報酬委員会の諮問結果をふまえ、取締役会の決議により「役員選任方針」を定め開示

  • 役員選任方針は、コーポレート・ガバナンス方針の7. に記載しています。
独立役員の人数 社外取締役4名、社外監査役3名

  • すべての社外取締役および社外監査役は金融商品取引所が定める独立役員です。
  • 社外役員の独立性に関する基準をコーポレート・ガバナンス報告書にて開示しています。
報酬等の決定 取締役会の諮問機関である指名・報酬委員会の諮問結果をふまえ、取締役会の決議により「役員報酬決定方針」を定め開示
  • 役員報酬決定方針は、コーポレート・ガバナンス方針の9. に記載しています。