ご挨拶

「安心・安全・健康のテーマパーク」を目指して

グループCEO 取締役社長 櫻田 謙悟

ステークホルダーの皆さまには、日頃よりご愛顧を賜り、厚く御礼申しあげます。

2015年度は当グループの中期経営計画の最終年度でした。グループ一丸となった取組みの結果、おかげさまで当初の目標を達成することができました。

さて、2016年度から5年間の新たな中期経営計画をスタートしました。現代は、VUCA*と呼ばれる不安定で不確実性が高く、複雑かつあいまいな時代と言われています。新たな計画のもと、先行きが不透明な厳しい環境を勝ち抜いていくために、非連続な環境変化に対する強靭かつ敏捷な対応力を兼ね備えたグループへの進化を目指します。

新中期経営計画では、グループ経営理念である「お客さまの安心・安全・健康に資する最高品質のサービス」の具現化に向けたグループの目指す姿として「安心・安全・健康のテーマパーク」の構築を掲げました。デジタル戦略の推進、新たな事業機会の探求、既存事業の品質向上・サービス領域の拡大や事業間の連携を通じて、それぞれの事業・サービスを魅力ある、特徴をもったアトラクションに進化・充実させていきます。

国内損保事業におきましては、品質と事業効率をさらに高め、引き続きグループの中核事業として、グループ全体の成長エンジンの役割を果たしていきます。

国内生保事業におきましては、新中期経営計画の期間を「第二の創業期」と位置づけ、これまでの生命保険の枠組みを超え、お客さまが健康になることを応援する『健康応援企業』への進化を目指していきます。

介護・ヘルスケア事業におきましては、2015年度に本格参入を果たし、上場介護事業者における高齢者住宅居室数で業界トップシェア、売上高で業界第2位のポジションにあります。「高齢者の方の尊厳と自立」と「より安心・安全な介護サービス」の両立を通じて、「世界に誇れる豊かな長寿国日本」の実現に貢献していきます。

海外保険事業におきましては、2014年に子会社化した英国を中心とするSOMPOキャノピアス、すでに一定の基盤があるブラジル、トルコ、南アジア地域のさらなる強化やオーガニック成長と規律あるM&Aにより、先進国と新興国の双方において利益の最大化を目指していきます。

また、2016年10月1日付けで、グループの持株会社である当社の商号を「SOMPOホールディングス株式会社」に変更します。今後、グループ・グローバルベースで「安心・安全・健康」の「SOMPO」ブランドをより一層強化していきます。

「安心・安全・健康のテーマパーク」の実現に向けて進化し続けるべく、グループ社員一丸となって、ステークホルダーの皆さまのご期待に応えてまいります。

今後とも、なお一層のご愛顧・お力添えを賜りますようお願い申しあげます。

  • Volatility(不安定性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字をとったもの。

2016年6月

SOMPOホールディングス株式会社
グループCEO 取締役社長

櫻田 謙悟