戦略的リスク経営の運営

1.戦略的リスク経営のPDCAサイクル

当グループは、「グループ リスク選好」をふまえて、事業計画を策定・実行(Plan、Do)し、定期的な振り返り(Check、Action)を経て、次年度事業計画の策定を行い、継続的な企業価値の向上を目指します。
事業計画の策定においては、グループ全体の資本効率(ROE)や財務健全性などに関する将来見通しに加え、リスクテイク戦略を細分化してリスク対比の収益性を確認するなど、定量的な妥当性検証を行っています。
当社は、資本を有効活用するために、グループ戦略に沿って4つの事業単位(国内損害保険事業、国内生命保険事業、介護・ヘルスケア事業、海外保険事業)を定め、成長性や収益性を考慮して各事業単位に資本配賦を行っています。各事業単位は、配賦された資本をリスク許容度として事業運営を実施し、事業計画における利益目標の達成を目指します。

戦略的リスク経営のPDCAサイクル

2.リスクコントロールシステム

戦略的リスク経営においては、リスク許容度を遵守するだけでなく、PDCAサイクルの各ステップで的確なリスク分析に基づく情報を活用して、経営が意思決定する必要があります。
当グループを取り巻くリスクを網羅的に把握し、対応することができるよう、統一的な方法による強固なリスクコントロールシステムを構築し、運営しています。

戦略的リスク経営の基盤となる強固なリスクコントロールシステム

リスクコントロールシステム

(1)トップリスク管理

「重大な影響を及ぼす可能性のあるリスク」についてはトップリスクと定義し、リスクオーナー(役員クラス)を定め、対応策の実施、進捗状況の管理に対する責任を明確にしています。
管理にあたっては、リスクを一元的に可視化し、より網羅的な対応策の策定・実施を行う枠組みとしてリスクレジスターを活用しています。

(2)エマージングリスク管理

アスベストなどに代表されるように、ある時点では十分なリスク認識が困難であるものの、その後リスクが発現し、経営に大きな影響を及ぼすことがあります。当グループは、このようなリスクに伴う不測の損失を極小化するため、「環境変化などにより新たに発現または変化し、将来、グループに大きな影響を及ぼす可能性のあるリスク」をエマージングリスクと定義し、適切に管理しています。
具体的には、リスクアセスメントなどを通じてエマージングリスクを洗い出し、予測される将来の影響度が大きいか、グループにおける知見が不十分なリスクを選定しています。エマージングリスクは、リスク発現時の損失軽減の観点および新たな保険商品・サービスのビジネス機会の観点の両面から、グループ横断でモニタリング、調査研究の取り組みを進めています。

(3)ストレステスト

グループの経営に重大な影響を及ぼし得る事象を的確に把握・管理するために、グループベースでシナリオ・ストレステスト、リバース・ストレステストおよび感応度分析を実施し、資本およびリスクへの影響度を分析して、必要に応じ対応策を実施する態勢を整備しています。

シナリオ・ストレステスト 異なるリスクが同時に発生する蓋然性やフォワードルッキングな観点をふまえ、経営に重大な影響を及ぼすストレスシナリオを特定、シナリオが顕在化した際の影響を評価し、現在のリスク軽減策の有効性検証および対応策の検討などに活用することを目的として実施しています。なお、環境変化などに適切に対応するため、ストレスシナリオの妥当性を定期的に検証する態勢としています。
リバース・ストレステスト リスク許容度等に抵触する具体的な事象を把握し、あらかじめアクションに備えることを目的として実施しています。
感応度分析 主なリスク要因の変動が資本とリスクに与える影響を把握するとともに、実績との比較を行い、内部モデルの妥当性を検証することを目的として実施しています。

(4)自己資本管理

当グループは、グループ戦略上必要とする財務の健全性(リスク許容度)を維持するため、AA格相当の信頼水準に基づき、保有期間1年間で被る可能性がある損失額をVaR(Value at Risk)というリスク尺度で計測し、リスクが資本を超過しないよう管理しています。
また、各事業単位は、当社が配賦した資本をリスク許容度として、抵触することがないよう管理しています。
当社は、グループおよび各事業単位のリスクと資本の状況を定期的にモニタリングし、リスクが資本を超過するおそれが生じた場合に、リスク削減または資本増強などの対応策を策定・実施する態勢を整備しています。

(5)リミット管理

リスクエクスポージャが集中している場合、特定の事象で多額の損失を被る可能性があるため、グループベースで管理することが重要です。当社では、グループの管理が重要なリスク(与信集中、出再集中、海外集積危険)に関して、リスク許容度と整合的なリミットを設定し、グループ全体で適切に管理する態勢としています。
リミット管理にあたっては、各リミットを超過することがないよう予防的管理としてウォーニングラインを設定し、ウォーニングライン超過時には対応策を策定・実施する態勢を整備しています。