戦略的リスク経営に関する態勢

当社は、戦略的リスク経営の枠組み(PDCAサイクル)や体制などを「グループ ERM 基本方針」に定め、グループ内で徹底しています。また、経営戦略をERMの観点から体系化・明確化するため、リスクテイクの指針となる「グループ リスク選好」を定め、最適なリスクポートフォリオの構築を目指しています。

戦略的リスク経営に関する態勢

当グループは、統一的な手法により、グループワイドで戦略的リスク経営を運営するため、次の体制を整備しています。

1. 当社の役割

取締役会は、「グループ ERM基本方針」および「グループリスク選好」を制定し、経営戦略や事業計画、資本配賦(はいふ)などを決定します。
グループCEOは、経営会議の協議を経て、戦略的リスク経営に関する年度方針、リスク許容度に関する対応方針・対応策、リスク管理規程などを決定します。また、課題別委員会として、グループERM委員会を設置しています。
グループERM委員会は、戦略的リスク経営の実践および高度化、実効性のあるリスク管理態勢の構築・整備について経営論議することを目的としており、グループCROが委員長を務め、グループCFOおよび経営企画部担当役員が委員として参加しています。
当社は、経営戦略や「グループ ERM基本方針」をグループ会社に周知徹底し、定期的にモニタリングを実施しており、戦略的リスク経営をグループワイドで運営し、より実効性が高まるよう努めています。

2. グループ会社の役割

「グループ ERM基本方針」をふまえたリスク管理に関する基本方針や規程を制定するなど、それぞれの業務内容・規模・特性に応じたリスク管理態勢を整備しています。
特に保険子会社は、経営に重大な影響を及ぼし得る保険引受リスク、資産運用リスク、オペレーショナル・リスクおよび流動性リスクについて、それぞれのリスクの特性に応じた管理を適切に実施しています。
グループの経営に重大な影響を与える事案などについて、速やかに当社に報告する態勢を整備しています。

当社・グループ会社の役割