ステークホルダー・エンゲージメント(2014年度の主な実施状況)

責任投資専門家とのエンゲージメント

2014年5月に責任投資専門家であるNPO法人社会的責任投資フォーラム(JSIF)会長の荒井勝氏をお招きし、損保ジャパン日本興亜 取締役常務執行役員 塙昌樹と損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント担当者の3名による責任投資をテーマとしたダイアログを開催しました。
荒井氏からは責任投資を巡る世界の動向および日本の現状の紹介や当グループへの期待などを述べられました。その後、損保ジャパン日本興亜および損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントの取組みについて意見交換を行いました。
エンゲージメントを通じて得られた知見を当社のスチュワードシップ・コードの対応や成長分野への投融資等、各種取組みに活かしています。

責任投資専門家とのエンゲージメント

ESG専門家とのエンゲージメント

2014年9月にグループ会社12社のCSR担当役員が集い、ESG専門家である幸せ経済社会研究所 所長 枝廣淳子氏を招いてダイアログを開催しました。枝廣氏からCSR先進企業の事例紹介や当グループへの期待の言葉などをいただき、グループ会社の好取組事例として、損保ジャパン日本興亜保険サービスより社内の認知症サポーター養成などの取組みが共有されました。
グループ会社各社は専門家からの示唆に富んだ事例や好事例を参考にし、今後の取組みに活用しています。

ESG専門家とのエンゲージメント

CSR評価機関とのエンゲージメント

CSR評価機関やESG格付機関とのコミュニケーションも大切にしています。評価機関からのフィードバックや対話を通じ、当グループの取組みの深化へつなげています。

スイスの資産運用アドバイス会社RobecoSAMとの対話の様子