用語集

五十音の頭文字から探す

再保険 reinsurance

自然災害などによる巨額な保険金支払いに備えて、保険会社が加入する保険。保険支払責任を国内外の他の保険会社で分担し、リスクを分散・均一化させる。

参考純率 advisory rate

保険金支払いに充当する部分の保険料率。損害保険料率算出機構が算出する。

時価総合利回り total return based on market value

時価ベースでの運用効率を示す指標。分子には実現損益に加えて時価評価差額の増減を反映させ、分母を時価ベースとした利回り。

事業費 operating expenses

保険会社の事業上の経費。損益計算書における「損害調査費」「諸手数料及び集金費」「営業費及び一般管理費」の合計額をいう。

自己資本比率 equity ratio

総資本に占める自己資本の割合。自己資本は、資本金や資本準備金、剰余金などの合計。一般的に自己資本比率が高いほど負債が少ないことになり、健全な経営であるといわれる。

自己資本利益率(ROE) return on equity (ROE)

株主資本に対する当期純利益の割合。株主資本に対してどれだけ効率的に利益を獲得したかを示し、企業の収益性の指標となる。

資産運用利回り(実現利回り) investment return; investment yield(realized yield)

運用資産に係る成果を、当期の期間損益(損益計算書)への寄与の観点から示す指標。分子には実現損益をとり、分母を取得原価ベースとした利回り。

自動車損害賠償責任保険 compulsory automobile liability insurance

自動車損害賠償保障法によって、すべての自動車(原付自転車を含む)に加入が義務付けられている強制保険。交通事故の被害者救済を目的としている。

自動車保険 volutary automobile insurance

自動車事故等、自動車の所有・使用・管理に関して発生する損害を補償する保険。

支払準備金 reserve for outstanding losses and claims

支払義務のある保険金のうち、決算期末時点で未払いとなっているものに対して、必要な金額を積み立てておく準備金。

四半期報告書 (statutory) Quarterly Business Report

四半期ごとの決算の情報をまとめた開示資料。金融商品取引法に定められており、各四半期が終了後、45日以内に内閣総理大臣へ提出しなければならない。

収入積立保険料 policyholder premium deposits

保険引受収益に含まれる積立保険(貯蓄型保険)の保険料として受領した収入をいう。

出再 reinsurance ceded

保険会社が引き受けた保険リスクの一部を別の保険会社に引き受けてもらうこと。

純資産 net assets

会計の勘定科目のひとつ。総資産から負債を差し引いた値。内訳は大きく分けて、株主資本、評価・換算差額等、新株予約権。連結会計の場合は少数株主持分も含まれる。

傷害保険 personal accident insurance

急激かつ偶然な外来の事故による傷害を補償する保険。

証券アナリスト securities analyst

証券投資にあたって、企業情報や産業動向などを調査・分析し、投資価値を判断する専門家のこと。

正味事業費率 net expense ratio

保険会社の経営効率を示す指標のひとつ。事業費(諸手数料及び集金費+保険引受に係る営業費及び一般管理費)を正味収入保険料で除した割合。

正味支払保険金 net claims paid

保険会社の保険引受費用規模を示す指標のひとつ。元受保険契約に基づき支払われた保険金から、求償等により回収した保険金を控除した額(元受正味保険金)と受再保険契約に基づき支払われた受再正味保険金を加算し、出再保険契約により回収した回収再保険金を控除して算出する。

正味収入保険料 net premiums written

保険会社の売上規模を示す指標のひとつ。お客さまから受け取った保険料(積立保険料を除く)に再保険に要した保険料を加減したもの。

正味損害率 net loss ratio

収入保険料に対する支払った保険金の割合を示し、保険会社の経営分析や保険料率算出の際に用いられる指標。通常は、正味支払保険金に損害調査費を加えて、正味収入保険料で除した割合。

新株予約権 share purchase warrant

株式を特定の価格で購入できる権利。発行限度や権利行使期間に制限がなく、企業としては資金調達の手段などさまざまな活用が可能。

新契約 new policies

新たに締結する保険契約のこと。(継続契約を含む)

新種保険 liability insurance,etc.

自動車保険、火災保険、傷害保険、海上保険以外の保険の総称(賠償責任保険、建設工事保険等がある)。

ストックオプション stock option

取締役や従業員が、予め定められた価格で自社株を購入できる権利を与える制度。自分たちの努力で企業価値を上げ、株価が上昇すれば利益も高くなるので、勤労意欲や企業業績の向上に役立つといわれている。

責任準備金 policy reserves

将来発生しうる保険金支払いなどの保険契約上の債務に備えて、保険会社が予め積み立てておく準備金。次年度以降の保険金支払いに備えて積み立てる「普通責任準備金」、積立保険において満期返れい金、契約者配当金の支払いに備えるための「払戻積立金」「契約者配当準備金」、大災害に備える「異常危険準備金」などがある。

総資産 total assets

会計の勘定科目のひとつ。負債と資本の合計。

総資産利益率(ROA) return on assets (ROA)

当期純利益を総資産で割った値。総資産がどれだけ効率的に使われているかを示し、高いほど収益力が高いことになる。企業の収益性をみる財務指標のひとつ。

総資本利益率(ROI) return on investment (ROI)

当期純利益を総資産で割った値。

その他有価証券評価差額金 unrealized gains on securities available for sale

有価証券のうち、「売買目的有価証券」「責任準備金対応債券」「満期保有目的の債券」「子会社・関連会社株式」のいずれにも分類されない「その他有価証券」について、簿価と時価との差額(差損益)を損益計算書に計上せず、貸借対照表の純資産の部に計上するもの。

ソルベンシー・マージン比率 solvency margin ratio

保険会社の健全性を見るうえで重要な指標の一つ。通常の予測を超える大災害が発生した場合に、保険金を支払う能力があるかどうかを判断する数値。一般的に200%以上なら保険金支払能力は問題ないとされている。

損益計算書 statement of income

財務諸表のひとつ。企業のある一定の会計期間における収益から費用を差し引いて、利益を算出した計算書。P/Lとも呼ばれる。