経営戦略・経営計画

経営戦略

『安心・安全・健康のテーマパーク』を目指して

当社グループは、お客さまの幅広いライフステージや日常生活において「安心・安全・健康」を総合的にサポートし、お客さまの人生に笑顔をもたらす 『安心・安全・健康のテーマパーク』に進化していきます。


2015年度を最終事業年度とする「前中期経営計画」において、国内損保事業の収益力向上を基点として、成長分野への経営資源シフトを積極的に進め、持続的成長サイクルの構築を実現してきました。

成長サイクルを基盤とし、「新中期経営計画」では非連続な環境変化に対する強靭かつ敏捷な対応力を兼ね備えたグループへの進化を目指します。

経営理念を具現化し社会に貢献するため、「安心・安全・健康」をテーマとするサービス産業への構造転換を果たすとともに、グローバルプレイヤーに伍して戦えるポジションの確立に向けて大きく舵を切ります。

目指す姿を実現するための戦略

「新中期経営計画」では、各事業の魅力を徹底的に高め、並行してデジタル技術を活用したサービス拡充やお客さまの接点強化、事業間連携などに取り組みます。また、高品質なサービスをより早くご提供するため、有力プレイヤーとの提携や、M&Aによる成長加速・新たな事業機会の探求を積極的に進めます。
これらによりお客さまへのトータルサービスを、お客さまの変化を先取りし進化させ続けることによって、『安心・安全・健康のテーマパーク』の構築・進化を目指してまいります。

『安心・安全・健康のテーマパーク』への各事業の取組み


国内損保事業

価値創造イノベーション~最もお客さまに支持される損害保険会社へ~

  • 先進的なシステム・情報基盤の構築と抜本的な業務プロセスの見直しを通して、お客さまへの新たな価値を創造
  • 最先端のデジタル技術の活用と専門性の高いヒューマンスキルにより、お客さま接点の品質と利便性を飛躍的に向上
  • 質を伴った成長と、グループ最大のお客さま基盤・経営資源により、『安心・安全・健康のテーマパーク』の構築を牽引

国内生保事業

「健康応援企業」へ進化~第二の創業期~

  • 生命保険のその先へ、お客さまが健康になることを応援する「健康応援企業」へ
  • 「健康」を軸にデジタルでお客さまとつながり、健康維持。増進のための多様なサービスを提供
  • 「サービス」「商品」「販売チャネル」が三位一体となってお客さまに新たな価値を提供

介護・ヘルスケア事業

「世界に誇れる豊かな長寿国日本」の実現に貢献

  • 「高齢者の方の尊厳・自立」と「より安心・安全な介護サービス」を両立
  • 介護、未病・予防、医療連携などの複合的な在宅サービスを一体的に提供
  • 他業種連携を含めた、介護・ヘルスケア周辺事業領域の強化

海外保険事業

着実なオーガニック成長、規律あるM&Aによる成長加速

  • Sompo Canopius社を先進国マーケットにおける成長ビークルとして活用
  • 新興国リテール分野を中心とした事業展開加速による着実なオーガニック成長
  • 将来的な成長を期待する新興国と、早期の利益貢献が期待可能な先進国に、バランスよく規律あるM&Aを実施

経営計画

『グループ経営目標』
  • 「新中期経営計画」の実行を通して、将来的にグローバル上場保険会社トップ10水準の規模(修正連結利益3,000億円以上)および資本効率(修正連結ROE10%以上)の実現を目指します。
  • 「新中期経営計画」の折り返し地点となる2018年度に定量的な経営目標を幅で設定し、各事業部門の成長にとどまることなく、M&A、デジタル戦略による新たなビジネスモデルや事業間連携の推進によって将来的に目指す姿の実現に向けて着実に取り組んでいきます。
【新中期経営計画 グループ経営目標】
(新指標) 2015年度 2016年度予想 2018年度目標
(見直し後)
修正連結利益 1.643億円 1.600億円 2.200~2.300億円
修正連結ROE 6.9% 6.8% 8%以上

※ 修正連結利益・修正連結ROEについては、こちらをご覧ください。