経営戦略・経営計画

経営戦略

『安心・安全・健康のテーマパーク』の実現に向けて

2016年度にスタートした現在の中期経営計画は、目まぐるしい外部環境変化や東京オリンピック以降の国内マーケットなども視野に、将来においても持続的に成長できるグループにトランスフォーメーションしていくことを軸としています。そして、その目指す姿を「安心・安全・健康のテーマパークと呼び、具体的には、各事業がそれぞれの魅力を徹底的に高めると同時に、デジタル技術の活用、新たな事業機会の探求、グループ内の事業間連携および外部パートナーとのエコシステム構築などを通じた変革を起こすことで、従来の延長線上にはない新たなビジネスモデルを創出していきます。

グループの目指す姿

持ち株会社であるSOMPOホールディングスは、各事業のトランスフォーメーションをサポートするとともに、グループ共通のデジタル戦略、人事戦略などでグループを主導し、グループ全体として「安心・安全・健康のテーマパーク」を追求していきます。
加えて、グループ全体のトランスフォーメーションとして、事業ポートフォリオの変革に取り組んでいます。各事業の安定成長から生み出すキャッシュフローや政策株式削減により創出した資本余力などを、成長領域のM&Aやデジタル・先進技術といったイノベーションが期待される分野に資源配分することで、さらなる利益拡大・資本効率向上を目指していきます。
これらの革新性(質)と規模拡大(量)の両軸で成長していくことにより、修正連結利益3,000億円、修正連結ROE10%以上という経営数値目標をできる限り早く達成するとともに、世界でも類を見ない、安心・安全・健康分野におけるユニークかつ先進的なグループとなることを目指し、着実にグループ戦略を遂行していきます。

『安心・安全・健康のテーマパーク』への各事業のトランスフォーメーション

2016~2017年度の振り返り

当社グループの強みの1つは、新たなチャレンジに向けたスピードであり、経営スピードを磨くために、中期経営計画スタート時から事業オーナー制による各事業の遠心力発揮とグループ・チーフオフィサー制によるグループ全体での横串機能の発揮によって、最適なグループ・ガバナンスを機能させてきました。
そして、その体制下で中期経営計画の前半2年間は、各事業の基盤をしっかりと確立するとともに、各々の事業が目指すトランスフォーメーションの姿について定義することに費やしてきました。

国内損保事業

  • グループの中核事業としてキャッシュを安定的に創出するために、収益性強化や利益のボラティリティの抑制に注力
  • デジタル技術の活用や先進的なプレイヤーとの協業により、新たな価値創造やビジネスモデルの構築に取り組む

海外保険事業

  • 2017年3月のSOMPOインターナショナルの買収により、一気に事業規模を拡大するとともに、先進国の組織再編を進展
  • 今後は、新興国も含めたグローバルなプラットフォーム構築にチャレンジし、グループの利益拡大に大きく貢献

国内生保事業

  • 保障性商品を中心とした着実な事業拡大により、グループ利益に安定的に貢献できる規模に成長
  • 健康サービスブランドを立ち上げ、「健康応援企業」として他社にない「保険+健康 (Insurhealth:インシュアヘルス)」を提供する会社を目指す

介護・ヘルスケア事業

  • 質を伴った収益性向上に注力、介護事業の黒字化を実現
  • 介護事業のみならず、認知機能の低下予防を起点とした研究やサービス提供を通じて、社会的課題の解決を目指す

2018年度の位置づけ

中期経営計画3年目の2018年度は、非常に重要な年度となります。
折り返しの年度として業績面での結果が問われるとともに、前年度までに見え始めた各事業のトランスフォーメーションの姿を具体化し、実現フェーズとして中期経営計画後半にしっかりつないでいく必要があります。

経営計画

『グループ計画』
  • 「中期経営計画」の実行を通して、将来的にグローバル上場保険会社トップ10水準の規模(修正連結利益3,000億円以上)および資本効率(修正連結ROE10%以上)の実現を目指します。
  • 2018年度は国内大規模自然災害による発生保険金が期初の想定を大きく上回り、通期修正連結利益は1,050億円となる見通しです。
    国内大規模自然災害の影響を除くと、国内損害保険事業は概ね計画どおり進捗しており、海外保険事業、国内生命保険事業および介護・ヘルスケア事業については増益を確保する見通しです。
  • 2019年度以降の計画は、2019年5月に数値目標等詳細を開示する予定です。

  • 国内自然災害の発生損害額を480億円(過去平均に相当、18年度期初業績予想での見込額)として、修正連結利益および修正連結ROEを調整
  • 修正連結利益・修正連結ROEについては、こちらをご覧ください。