用語集

五十音の頭文字から探す

海上保険 marine insurance

貨物保険と船舶保険の総称で、船舶の沈没・座礁・衝突・盗難など、航海に関する事故によって生ずる損害を補償する保険。

価格変動準備金 reserve for price fluctuation

保険会社が所有する株式・債券等の資産について、価格変動による損失に備えるために、予め積立てておく準備金。

格付け credit ratings

保険会社の財務力や保険金支払能力をわかりやすく表示したもの。一般的に、トリプルA(AAA)が最良。アメリカのスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)、や日本の格付投資情報センター(R&I)など、複数の格付会社が独自の調査に基づいて発表している。

火災保険 fire and allied insurance

火災、落雷、爆発などによる建物や家財などの損害を補償する保険。

株価収益率(PER) price earnings ratio (P/E ratio, PER)

株価を一株当たり当期純利益で割ったもの。一株当たりの利益の何倍まで株価が上がっているかを表し、PERが高いと割高、低いと割安ということになる。

株価純資産倍率(PBR) price book-value ratio (P/B ratio, PBR)

株価を1株当たりの純資産で割ったもの。株価が1株当たりの純資産の何倍になっているかを表し、PBRが高い場合は技術力やブランド力など無形の価値が評価されていることを示す。

株式時価総額 market capitalization

株価に発行済み株式総数を掛けたもの。発行済みの株をすべて取得するために必要な金額ということになり、市場における企業価値を計る目安のひとつ。

株主資本等変動計算書 statements of shareholders' equity

貸借対照表の純資産の部の一会計期間における変動額のうち、株主資本の変動事由を報告する財務諸表の一つ。会社法の施行に伴い、計算書類として新設された。

基礎利益 core profit

生命保険会社の本業の収益力を示す指標。経常利益から有価証券の売却損益や臨時損益などを差し引いたもの。

逆ざや negative spread または back spread

契約時に約束された予定利率より、生命保険会社の実際の運用利回りが低い状態のこと。
高金利時代の契約は予定利率も高く、その後市場環境の変化によって金利水準が下がると、実際の運用利回りも下がり逆ざやが発生する。

キャッシュ・フロー計算書 cash flow statement

企業の活動を営業・投資・財務の3つに区分し、それぞれについて会計期間における資金の増減(収入と支出)を記した計算書。

経常収益 ordinary income

保険事業本来の営業活動により、毎年継続的に発生する収益。損害保険会社の場合、保険引受収益、資産運用収益、その他経常収益に区分される。

経常費用 ordinary expenses

保険事業本来の営業活動により、毎年継続的に発生する費用。損害保険会社の場合、保険引受費用、資産運用費用、営業費および一般管理費、その他経常費用に区分される。

経常利益 ordinary profit

企業の通常の経営活動から生じる利益。保険会社の場合、経常収益から経常費用を差し引いたもの。

契約高

生命保険会社が事業年度末にどのくらいの生命保険契約を保有しているのか、1年間にどのくらいの商品を販売したのかを示す指標として、保有契約高、新契約高があります。
契約高とは、生命保険会社が保障する金額の総合計額です。
出典 : (社)生命保険協会発行「生命保険会社のディスクロージャー虎の巻2016年版」より

決算短信 earnings report

株式を証券取引所に上場しているすべての企業が、決算発表時に決算情報の要点を発表するもの。

コーポレート・ガバナンス corporate governance

企業の経営を監視・統制する仕組みのこと。企業統治とも訳される。

コーポレートガバナンス・コード corporate governance code

上場企業が守るべき行動規範を示した企業統治の指針。「株主の権利・平等性の確保」「株主以外のステークホルダーとの適切な協働」「適切な情報開示と透明性の確保」「取締役会等の責務」「株主との対話」の5つの基本原則からなる。

コンバインド・レシオ combined ratio

正味損害率と正味事業費率の合計。保険料収入に対する支払保険金の額と経費の合計額の割合を表す指標。

コンプライアンス compliance

法律や規則などの基本的なルールに従って企業活動を行うこと。コーポレート・ガバナンスの基本原理ともなっている。